若手歌舞伎

著者:中村達史 著
出版社:新読書社
ページ数:162ページ
ISBN:978-4-7880-6020-3
発売日:2017/12/11

内容:若手歌舞伎役者11人の役者論と現代歌舞伎批評。


目次:
第一章 役者論
・市川染五郎――高麗屋の遺伝子――
・尾上松緑――二つの課題とその先の可能性――
・市川猿之助――澤潟屋の精神――
・尾上菊之助――両性具有的な魅力――
・市川海老蔵――未完の大器――
・中村勘九郎――その選ぶべき道――
・中村七之助――貴重な真女形――
・中村梅枝――古風という奇跡――
・板東彦三郎――襲名による飛躍――
・尾上松也――自分で切り開いた道――
・片岡愛之助――世代唯一の上方役者――
・立役 歌昇 萬太郎 巳之助 種之助 隼人 橋之助
・女形 壱太郎 新悟 右近 米吉 児太郎
第二章 劇評抄
・吉右衛門の熊谷
・当代の『新薄雪』
・玉三郎のお三輪
・雀右衛門襲名の『金閣寺』
・吉右衛門の大蔵卿
・待望の『吉野川』
・幸四郎の熊谷
跋 和角 仁

販売価格 1,836円(本体1,700円、税136円)

書籍一覧

グループから探す

コンテンツ