日本における保育カリキュラム―歴史と課題―

日本における保育カリキュラム―歴史と課題―
(にほんにおけるほいくかりきゅらむ:れきしとかだい)
著者:宍戸健夫 著
出版社:新読書社
出版年:2017/7/19
ISBN:978-4-7880-2120-4
判型:A5判並製
頁数:304頁

保育所保育指針、幼稚園教育要領、こども園教育・保育要領の改訂の中で出される注目の書。子ども一人ひとりが、生活や発達に即して成長していくことを願い、取り組んできた保育活動の全体的な計画。

保育カリキュラムは、子ども一人ひとりが、その生活や発達に即して、将来にむけて健やかに成長していくことを願い、とりくむ、保育活動の全体的な計画である。
それは「絵にかいた餅」のように飾っておけばいいというものではなく、保育実践の指針となるものであり、保育実践の質を左右するものである。

【内容】
序 論 日本の保育カリキュラム
第一章 日本における保育カリキュラムの誕生
第二章 保育問題研究と「保育案」の研究
第三章 戦後保育カリキュラムの展開――和光幼稚園を中心に
第四章 集団生活の展開を軸にする保育
第五章 プロジェクト活動と保育カリキュラム
終 章 改めて保育カリキュラムとは何かを考える――まとめとして
販売価格 2,916円(本体2,700円、税216円)

書籍一覧

グループから探す

コンテンツ