新版 小学校四学年国語の授業(光村版 教科書指導ハンドブック)

新版 小学校四学年国語の授業(光村版 教科書指導ハンドブック)
(しょうがっこうよんがくねんこくごのじゅぎょう:みつむらばん)
著者:西郷竹彦 監修
文芸教育研究協議会 編集
出版社:新読書社
出版年:2015
ISBN:978-4-7880-1193-9
判型:A5判並製

2015年度版小学校国語の教科書(光村版)対応。教材の軽重・全体像がわかるようになっています。

目次
一. 中学年の国語でどんな力を育てるか

1 関連・系統指導でどんな力を育てるか
2 国語科で育てる力
3 自主編成の立場で
4 中学年で育てる力

二. 教材分析・指導にあたって

1 視点について
2 西郷文芸学における≪美と真実≫とは
3 西郷文芸学における虚構とは
4 「単元を貫く言語活動」について
5 「伝統的な言語文化」の登場とその扱い
6 文芸の授業をどのように進めればいいのか
7 読書指導について

三. 四年の国語で何を教えるか

1 「春のうた」(草野心平)【指導案例】【板書例】
2 「白いぼうし」(あまん きみこ)【指導案例】【板書例】
3 漢字の組み立て
4 漢字辞典の使い方
5 よりよい話し合いをしよう
6 「大きな力を出す」(西嶋尚彦)
7 「動いて、考えて、また動く」(高野 進)
8 短歌・俳句に親しもう
9 新聞を作ろう
10 「ふるやのもり」(瀬田貞二)
11 「一つの花」(今西祐行)【指導案例】【板書例】
12 自分の考えをつたえるには
13 「よむこと」について考えよう
14 「かげ」(ニコライ=スラトコフ作/松谷さやか訳)
15 「忘れもの」(高田敏子)
16 「ぼくは川」(阪田寛夫)
17 「手と心で読む」(大島健甫)
18 「ごんぎつね」(新美南吉)【指導案例】
19 「アップとルーズで伝える」(中谷日出)
20 「クラブ活動リーフレット」を作ろう
21 「プラタナスの木」(椎名 誠)
22 文と文をつなぐ言葉
23 「のはらうた」(工藤直子)
24 野原に集まれ
25 「ウナギのなぞを追って」(塚本勝巳
26 わたしの研究レポート
27 「初雪のふる日」(安房直子)
販売価格 1,836円(本体1,700円、税136円)

書籍一覧

グループから探す

コンテンツ