手技の歴史〜フレーベルの「恩物」と「作業」の受容と、その後の理論的、実践的展開〜

手技の歴史〜フレーベルの「恩物」と「作業」の受容と、その後の理論的、実践的展開〜
(しゅぎのれきし:ふれーべるの おんぶつ と さぎょう のじゅようと そのごのりろんてき じっせんてきてんかい)
著者:清原みさ子 著
出版社:新読書社
出版年:2014/4/14
ISBN:978-4-7880-1175-5
判型:A5判上製
頁数:484p

明治以降の日本の幼児教育・保育でどのような手技(現代でいう造形)の実践が展開されていったか明らかにする。貴重な資料満載。

・第51回(平成27年度)日本保育学会保育学文献賞 受賞
販売価格 7,560円(本体7,000円、税560円)

書籍一覧

グループから探す

コンテンツ