息子は死んだ―嶋橋原発被曝労災認定までの記録―

息子は死んだ―嶋橋原発被曝労災認定までの記録―
(むすこはしんだ:しまはしげんぱつひばくろうさいにんていまでのきろく)
著者:嶋橋美智子 著
出版社:新読書社
出版年:2013/1/8
ISBN:978-4-7880-5020-4
判型:四六判上製

1999年に「息子はなぜ白血病で死んだか」という題名で出版されたものを再編集し新たに刊行する。原発ではたらいていた息子が被曝死したことへの思いがこめられた母親の痛恨の手記。これを読んで「原発で死んだ人はいない」と言えるかと今、再び問い直す。

目次
第1章 生い立ち
第2章 巣立ち
第3章 闘病
第4章 悲嘆
第5章 挑戦
第6章 原発のない世の中をめざして
販売価格 1,760円(本体1,600円、税160円)

書籍一覧

グループから探す

コンテンツ