保育力:子どもと自分を好きになる

保育力:子どもと自分を好きになる
(ほいくりょく:こどもとじぶんをすきになる)
著者:浜谷直人 著
出版社:新読書社
発行日:2010/4/6
ISBN:978-4-7880-1126-7
判型:A5判並製

子どもを好きになる保育力・保育の専門性とは快い物語を言葉にする勇気を持つこと・保護者とつながる保育力・安心をつくる:虐待ケースの保育力・連携する保育力・保育力のイメージとかたち。

目次
序章 子どもを好きになる保育力
 子どもと一緒に時間をすごしたい
 子どもの登園が心待ちになる
 豊かな活動があるから好きになる
 子どもから学ぶ力
 心の中で子どもと会う

第1章 保育の専門性とは快い物語を言葉にする勇気をもつこと
 パニックと保育力
 挑発する子どもとミニ保育者
 同調する子どもたち
 子どもが考える道に寄り添う保育カ
 豊かな活動があればパニックになる暇がない
 快い物語を言葉にする勇気
 子どもがありのままでいいと思う保育力
 関係者の信頼・協力関係が保育力の基礎
 褒めるのではなく励ます保育力

第2章 保護者とつながる保育力
 園での様子を家庭に伝える
 家庭での子どもの姿
 失敗談
 見方を豊かにする保育カ
 ステロタイプ(固定的)な子どもの見方:反保育カ
 保護者への対応:隠れた相談主訴
 弱みを見せる保育力
 価値観は違っても目標は共有できる

第3章 安心をつくる:虐待ケースの保育力
 虐待とのかかわり:他人事ではない
 虐待を疑われるケースの巡回相談
 典型事例:追報・離婚・入園・保育困難
 保育者の身体的・精神的な疲弊
 安全と安心を確保する:毎日登園する
 虐待的な環境
 虐待的環境を生き延びたタケシ君の行動
 タケシ君が暴力をふるう場面
 つながりと快い記憶をつくる保育

第4章 連携する保育力
 気になるけど、もう少し様子をみてみよう
 ここでの保育力:保健センターとの連携
 園内での連携:保育力の基本
 ここでの保育力
 保護者との連携
 ここでの保育力:信頼に基づく保育者とのコミュニケーション
 専門機関との連携
 ここでの保育力:巡回相談に向けて準備する過程が保育を改善する90

第5章 保育力のイメージとかたち
 保育を図にする
 子どもを活動に導くか、子どもを受容するか
 時期や状況に応じてかかわりを変える
 変わらない保育者のイメージ
 職員間で連携する保育力
 親とつながるイメージ
 子どもを管理し枠にはめようとすることへの葛藤
 地域と連携する保育力
 専門職が保育を支援するイメージ
 保育イメージを交流する

あとがき
販売価格 1,620円(本体1,500円、税120円)

書籍一覧

グループから探す

コンテンツ