常陸国風土記と古代地名

常陸国風土記と古代地名
(ひたちのくにふどき と こだいちめい)
著者:鈴木健 著
出版社:新読書社
出版年:2003/10/22
ISBN:978-4-7880-9023-1
頁数:293p
判型:四六判上製

古代日本列島に生活していた縄文人は、縄文後晩期頃から朝鮮半島あるいはそこを経由した渡来を受け、やがてヤマト民族とアイヌとに分かれる――。この視点から、著者は地名の解読を試みる。

  • はじめに

  1. 茨城はなぜ茨城か
    • 茨城と茨木
    • 茨城は茨の城か
    • 「牟波良岐」これをどう読むか
    • 開、此をは波羅企と云ふ
    • パラキとは
    • うばらき・いばらき・ばらき

  2. なぞの行方
    • 無理なこじつけ
    • ナメカタとは
    • ナメカタは井の上
    • 夕立とナメカタ
    • 佐伯
    • 三人男

  3. 潮来と大生
    • 多臣族
    • 「多」の足跡
    • 大生
    • 麻生
    • 潮来
    • 続く足跡

  4. 嫌われた香島
    • カシシマ・カシマ・キシマ
    • 嫌われた好字
    • 大和の使者もはいれず
    • その神の名は
    • 神の託宣
    • タケミカッチ

  5. 揺藍の地 信太
    • 垂の国
    • シンタとは
    • 物部が来た
    • 楯縫
    • 葦原の鹿
    • マミヤマ
    • マミアナ
    • 榎の浦の津

  6. 高来と高句麗
    • 高麗と高来
    • 高良と高井
    • 高倉と高久
    • 加倉井と小栗
    • 高萩と多賀
    • オオと夕力

  7. なぜ常陸に高句麗が
    • 新しい墓制
    • 高句麗南下
    • 筑紫ヘ
    • 天孫降臨の道
    • 天孫とは
    • もう―つの天降り
    • その後
    • 東国へ

  8. 新治筑波を過ぎて
    • ツクバの語源説
    • 筑箪と紀の国
    • 筑波の呼び方と読み方
    • 新治とは
    • 最古のクイズ

  9. 男女川と恋瀬川
    • みなの川をたずねる
    • みなの川は恋瀬川
    • 男女川の意味と読み
    • 恋瀬川
    • 小泊瀬川
    • 国府瀬川
    • 泪はイツと読む
    • 石岡は石の岡か
    • 国府・国衙
    • 地名は生き物
    • 国府が石岡になった

  10. 久慈の物部、 薩都、 賀砒礼
    • 久米・佐竹
    • 薩都の里
    • 天つ神
    • 賀砒礼の峯
    • クジとは

  11. 那賀と蛇
    • ナカかナガか
    • 委奴の国
    • ナガとは
    • ナガ川は蛇川
    • 哺時臥の山
    • 哺時臥とは
    • 蛇と雷
    • 三輪山神話をもたらした人たち

  12. 美女・大男・大蛇
    • 三輪山と哺時臥山
    • 大足と朝房山・アボッケ
    • オカミ
    • 稲田姫と製鉄
    • 八瓶山
    • オロチとウワバミ
    • 夜刀の神
    • 常陸

  • あとがき
販売価格 2,700円(本体2,500円、税200円)

書籍一覧

グループから探す

コンテンツ