歌曲・ロマンス・民謡による ロシア歌集 ※僅少本につき美本無し

歌曲・ロマンス・民謡による ロシア歌集
(かきょく ろまんす みんようによる ろしあかしゅう)
著者:大胡敏夫 編
出版社:新読書社
出版年:2001/11/15
ISBN:978-4-7880-6301-3
判型:A4判

日本語と露語での歌詞とピアノ伴奏譜のついた68の曲集。ロシア民謡や合唱曲を歌う「白樺」に属した編者による、日本では知名度の低い作曲家の曲をも収録したロシア音楽研究の貴重書でもある。

目次
F.ドゥビャンスキー(Φёдор М.дубянский 1760〜1796年)
1.悲し気に啼くは灰色の鳩《Стонет сизий голубочек》 I.I.ドミトリエフ

A.チトフ(Алексей Н.Титов 1769〜1827年)
2.この世に何もいらぬ《Ничего мне на свете не надо》
3.彼女とは幼な友達《Я знал её милым ребёнком》 D.ミナーエフ

A.アリャビエフ(Александр А.Алябьев 1787〜1851年)
4.うぐいす(夜鴬)《Соловей》 A.A.デーリヴィク
5.美わし乙女よ何を歌うか《Что поёшь,краса-девица》 V.ドモントヴィッチ
6.女乞食《Нищая》 D.V.レンスキー(仏P.J.ベランジェの詩による)
7.冬の道《Зимняя дорога》 A.S.プーシキン
8.二羽の烏《Два ворона》 A.S.プーシキン

N.チトフ(Николай С.Титов 1798〜1843年)
9.歌うな乙女よ、我が前で《Не пой,красавица,при мне》 A.S.プーシキン

M.ヤコヴレフ(Михаил Л.Яковлев 1798〜1868年)
10.エレジー《Элегия》 A.A.デーリヴィク
11.冬の夜《Зимний вечер》 A.S.プーシキン

A.ワルラーモフ(Александр Е.Варламов 1801〜1848年)
12.赤いサラファン《Красный сарафан》 N.G.ツィガーノフ
13.歌うな乙女よ《Ты не пой,душа-девица》 V.ドモントヴィッチ
14.うぐいす(夜鴬)《Соловушка》 I.I.ラジェーチニコフ
15.白帆はただひとつ《Белеет парус одинокой》 M.Yu.レールモントフ
16.天使《Ангел》 M.Yu.レールモントフ

A.グリリョフ(Александр Л.Гурилёв 1803〜1858年)
17.鈴の音《Колокольуик〈Однозвуно гремит колокольчик〉》 I.P.マカロフ
18.馭者の歌《Песня ямщика》 K.バフトゥリン
19.乙女の悲しみ《Грусть девушки》 A.V.コリツォフ

M.グリンカ(Михаил И.Глинка 1804〜1857年)
20.告げてよ、なぜかや...《Скажи,зачем》 S.ゴリツィン
21.ひばり《Жаворонок》 N.V.クーコリニク
22.誘うな用もなく《Не искушай меня без нужды》 E.A.バラトィンスキー

A.デュビューク(Александр И.Дюбюк 1812〜1897年)
23.叱らないで母さん《Не брани меня,родная》 A.E.ラゾレーノフ
24.愛しい人よ、口づけして《Поцелуй же меня,моя душечка!》 S.ピサレフ

A・ダルゴムィシスキー(Александр О.даргомыжский 1813〜1869年)
25.あなたを愛していました《Я вас любил》 A.S.プーシキン
26.粉屋《Мельник》 A.S.プーシキン
27.私は悲しい《Мнс грустно》 M.Yu.レールモントフ

P.ブラーホフ(Пётр П.Булахов 1822〜1885年)
28.思い出の夢を破るな《Не пробуждай воспоминаний》 N.N
29.つりがね草《Колокольчики мои》 A.K.トルストイ
30.いいえ、あなたを愛していない《Нет,не люблю я вас》 ジメンコ

A.ルビンシティン(Антон Г.Рубинштейн 1829〜1894年)
31.歌びと《Певец》 A.S.プーシキン
32.クール河の波ざわめき[ペルシャの歌]より《Крубится волною...》 ミルザ・シャフィ
33.アズラ《Азра》 ハイネ

A.ボロヂン(Александр П.Бородин 1833〜1887年)
34.遠い故郷の地へ《Для берегов отчизны дальной》 A.S.プーシキン

Tse.キュイ(Цезарь А.Кюи 1835〜1918年)
35.雨雲《Туча》 A.S.プーシキン

M.ムソルグスキー(Модест П.Мусоргскисй 1839〜1881年)
36.いずこなる小さな星よ?《Где ты,звездочка?》 N.P.グレコフ

M.バラキレフ(Милий А.Балакирев 1836〜1910年)
37.抱きしめて、口づけして《Обойми,поцелуй》 A.V.コリツォフ

S.ドナウロフ(С.И.Донауров 1838〜1891年)
38.栗毛のつがい《Пара гнедых》 A.N.アプーフチン
39.彼の人は去り《Он уехал》

P.チャイコフスキー(Пётр И.Чайковский 1840〜1893年)
40.恐怖の時《Страшная минута》 N.N(P.チャイコフスキー)
41.さらば《Прости...》 N.A.ネクラーソフ

N.リムスキー=コルサコフ(Николай А.Римский-Корсаков 1844〜1908年)
42.グルジアの丘《На холмах Грузий》 A.S.プーシキン

S.ラフマニノフ(Сергей В.Рахманинов 1873〜1943年)
43.ひそかな夜のしじまで《В молчаньи ночи тайной》 A.A.フェート
44.夢《Сон》 A.N.プレシチェーエフ(ハイネの詩による)
45.我が窓辺に《У моего окна》 G.A.ガリーナ
46.夜は悲しい《Ночь печальна》 I.A.ブーニン

V.アバザ(В.В. Абаза〔А.М. Абаза?〕?〜?年)
47.霧の朝《Утро туманное》 I.S.ツルゲーネフ

A.オブーホフ(А.Т.Обухов ?〜?年)
48.枝折戸《Калитка》 A.T.オブーホフ

T.トルスタヤ(Т.К.Толстая ?〜?年)
49.君に何も言わぬ《Я тебе ничего не скажу》 A.A.フェート

D.ミハイロフ(Д.Михайлов ?〜?年)
50.秋風は悲しがり《Жалобно стонет ветер осенний》 A.プガチョフ

A.レーニン(Анатолий Ленин ?〜?年)
51.優しき口づけも消え《Забыты нежные лобзанья》 A.レーニン

S.チャルスキー(С.Чарский ?〜?年)
52.あなたは他の人を愛している《Но я знаю,ты любишь другого》 V.ミャトレフ

V.バカレイニコフ(Влалимир Бакалейников 1885〜1953年)
53.さあ、急げ馬よ《Ну,быстрей летите,кони》 V.バカレイニコフ
54.小鈴《Бубенцы》 A.クシコフ

作曲者不明
55.私を責めないで《Не корите меня,не браните》
56.白いアカシア《Белой акации гроздья душистые》 A.プガチョフ
57.君を知りそめし我に《Зачем тебя я,узнала?》
58.暗桜桃色のショール《Тёмно-вишнёвая шаль》

民謡
59.夜《Ноченька》
60.流れ深きヴォルガ《Волга-реченька глубока》
61.鈴の音が単調にひびく《Однозвучно гремит колокольчик》 I.P.マカロフ
62.トロイカは駆けゆく《Вот мчится тройка удалая》 F.N.グリンカ
63.トロイカ(道に何を見るか)《Тройка〈Что ты жадно глядишь на дорогу...〉》 N.A.ネクラーソフ
64.果てもなき荒れ野原《Степь да степь кругом》 I.Z.スリコフ
65.飛び去りゆける鴬のごと《Соговьём залётным》 A.V.コリツォフ
66.紡ぎ女《Пряха》
67.はや、霧は降りて《Уж как пал туман》
68.古き菩提樹《Липа вековая》



※僅少本につき美本無し:こちらの商品は在庫僅少本につき、美本がありません。表紙及び小口に経年変化による若干のシミ、折れがございます。購入後のキャンセルは対応できかねますので、状態の確認を希望される場合は、お手数ですがご購入前にお問い合わせ下さい。
販売価格 1,944円(本体1,800円、税144円)

書籍一覧

グループから探す

コンテンツ