文芸教育 114号

文芸教育 114号
(ぶんげいきょういく)
著者:文芸教育研究協議会 編
出版社:新読書社
出版年:2018/4/13
ISBN:978-4-7880-2130-3
判型:A5判
頁数:114頁

【内容】
特集・文芸研の授業で学級づくり。小特集・一学期の文芸教材 私ならこう授業する。文芸教材『はなのみち』『おおきなかぶ』『一つの花』『注文の多い料理店』。

【目次】
・『文芸教育』誌・特集にあたって 上西信夫
特集 文芸研の授業で学級づくり
・つながりの中で生きる〜学び合い、語り合うことで、その子らしい輝きを〜 曽根成子
・自分の思いを言葉で伝えられる子どもたちに 小林良子
・授業と集団づくりは両輪 文芸研での教材研究は車軸 森岡弘子
・作文と学級づくりの関係〜子どもの表現を深く意味づける〜 松山幸路
小特集 一学期の文芸教材 私ならこう授業する
・初めての文芸教材 『はなのみち』(一年生)〜『おおきなかぶ』へとつながる道〜 倉富寿史
・真に「深い学び」は深い教材研究から〜四年生『一つの花』(四年生)の授業〜 山中尊生
・アイロニーに富んだファンタジーの授業〜『注文の多い料理店』(五年生)の授業 清田和幸
連載 子どもを育てる作文指導っ罅高学年―学級づくりと作文指導 辻恵子
連載 文学教育における教育方法の研究 〔唄峭餮豢軌藐Φ翆賃里糧羈咾鯆未靴董岨童言語研究会 村尾聡
連載 二元論批判 自由のための論理学〜二元論を踏まえ、二元論をこえる〜 西郷甲矢人

【著者紹介】
文芸教育研究協議会:文芸学者の西郷竹彦が創設した国語教育の教材、指導論などを研究・実践する研究会。日本全国に小学校教員を中心にしたサークルがある。
授業研究シリーズなど単行本も多数発行している。年に1度全国大会を開催している。

販売価格 1,620円(本体1,500円、税120円)

書籍一覧

グループから探す

コンテンツ