戦後保育はいかに構築されたか 福岡県における昭和20年代の保育所・幼稚園

6/21発刊予定:予約受付中

戦後保育はいかに構築されたか 福岡県における昭和20年代の保育所・幼稚園
(せんごほいくはいかにこうちくされたか ふくおかけんにおけるしょうわにじゅうねんだいのほいくしょ・ようちえん)
著者:
清原みさ子(愛知県立大学名誉教授)
豊田和子(名古屋芸術大学教授)
寺部直子(愛知学泉短期大学非常勤講師)
榊原菜々枝(名古屋文化学園保育専門学校教員)
出版社:新読書社
発刊予定日:2019/6/21
ISBN:978-4-7880-2142-6
判型:A5判並製
頁数:292頁

保育所普及の先進県の一つであった福岡県における戦後保育の構築を明らかにする。先に出版された『戦後保育の実際 〜昭和30年代はじめまでの名古屋市の幼稚園・保育園』に続く、戦後保育史研究の第2弾。写真資料多数。

(はじめに、から)
福岡県は、歴史的に保育所普及の先進県の一つである。常設保育所数を見ると、1933 年、44 年とも全国で4 番目に多かった。1944 年の保育児数は、全国5 位であったが、3 歳未満は839 人で全国合計の8,394 人の1 割を占め、最も多かった。児童福祉法施行後、保育所の認可・設置が急速に進む中で、保育の充実に向けてどのような取り組みが行われていたのか、地方の実態に即してまとめることは、戦後日本の保育がどのように築かれていったのか明らかにしていくことにつながると考える。地方史研究の進展により全国的な幼児教育・保育の歴史研究が充実することに、本研究が寄与できれば幸いである。
販売価格 3,240円(本体3,000円、税240円)

書籍一覧

グループから探す

コンテンツ