季刊保育問題研究309号

販売価格 880円(本体800円、税80円)

季刊保育問題研究309号
特集:保育の中の「多様性」とは インクルーシブが求められる今を考える
全国保育問題研究協議会編集委員会 編
発行:新読書社
A5判 146ページ
発行日:2021/6/25
ISBN 978-4-7880-2166-2 
C0037

目次
巻頭言 歌をちからに 遠田えり
特集:保育の中の「多様性」とは インクルーシブが求められる今を考える
・インクルーシブ保育とはどういう保育なのか 浜谷直人
・教育におけるインクルージョンとは何か 障害児教育からの問い 河合隆平
・保育の中の「多様性」と「多様性の尊重」を問い直す 五十嵐元子
・多様性のある障がいと多文化保育の歴史からインクルーシブを考える 三山岳
・現場から:海外にルーツのある園児の保育 地域で育つ多様なニーズのこどもたちの権利保障をする保育に取り組む 靉損辧κ紳湿住
・現場から:どんな「ものさし」でしょう?日常の保育の中で多様性を考える 盒胸躬
・随想:線路の外の風景 吉野靫
連載
・全国集会瓦版:『季刊』三〇五号 京都集会 報告号を読んで 脇志津子・上月智晴
中川裕香・深井いし子
・コロナに真向かう私たち:コロナ禍二年目の保育 中村千恵子
・各地の保問研部会めぐり:コロナ禍と保問研 あらためて感じた人と繋がる喜び 林 隼史
・ようこそ保育なかまに:人とのつながりに感謝します 古賀柊葉
・子ども美術館:こいのぼり:山並啓
・ドイツの子育て事情:慣らし保育 越山桜子
・私のターニングポイント:「体育ぎらい」だった自分が「身体づくり・運動」分科会運営委員をしている不思議 上月智晴
・時評:失望より希望の年になることを願う 松浦崇
緊急報告:聚楽保育所の廃止条例を京都市が五月議会に提出 橋本和美

書籍一覧

グループから探す

コンテンツ