遊び心でコミュニティーの再生を〜世代を超えて子どもの発想に学ぶ地域づくり〜

販売価格 1,980円(本体1,800円、税180円)

遊び心でコミュニティーの再生を〜世代を超えて子どもの発想に学ぶ地域づくり〜

小松歩 編著
麻生武・金田利子・瀧口優・富田昌平・山路千華 著
発行:新読書社
発行日:2021/11/12
ISBN 978-4-7880-2170-9
C0037
頁数:190p

「遊び心」とは子ども時代にはほとんどすべての子どもが持っている「子ども心」そのものであり、大人が遊び心を持っていれば、子どもが大人に理解され、双方の交流が可能になり、街中がこうした遊び心で満たされたとき、子どもも育ちやすいと考えた。そして「遊びは人間にとって大切な動機であり、子ども期だけでなく生涯遊び心を持ち続けることで、人生が豊かになるのではないか」との仮説から、大人も子どもも生きにくくなっている現代において、子どもの心を大人に回復させ、子育てや生活を「おもしろがる」という「遊び心」で地域のつながりを再構築することができるのではないかと考えた。 (はじめにより)

目次
はじめに
吃堯\ぢ紊鯆兇┐道劼箸發糧想に学ぶ地域づくり
1章 人間にとっての遊び・遊び心とは何か―大人の遊び心研究に着目して―特別 支援を視野に入れて
2章 世代を超えた遊び心
3章 保育者の遊び心を考える
4章 親の遊び心を考える―ことばとメデイアとの狭間で
局堯〜躋臺
5章 子どもと大人の遊び心を通した「誘われる―誘う」
6章 親の遊び心 保育者の遊ひ心 子どもの遊び心
敬堯 嵳靴喊粥弩Φ罎諒發
7章 草創期
8章 模索期
9章 展開期
孤堯〇駑訴
10章 保育者・保設者の「遊び場」への願い―記述回答分析から