文芸教育127号

販売価格 1,650円(本体1,500円、税150円)

文芸教育127号 2022夏
特集:特集 どうしてますか?「書くこと」の指導
著者:文芸教育研究協議会 編
出版社:新読書社
発行日:2022/8/8
ISBN 978-4-7880-2179-2 C0037
判型:A5判
頁数:112頁





目次
『文芸教育』誌・特集にあたって 辻惠子
特集 どうしてますか?「書くこと」の指導  
・自己表現と現実認識のために 〜今、書くことの意味を問い直す 辻惠子
・書くことでひろがる 居心地のいい空間  奥葉子
・子どもの感性をありのまま受け止め、表現のよさを楽しむ 斎藤鉄也
・子どものまっすぐな表現をうけとめて 秋川亮介
実践記録 二学期の教材ここだけはおさえよう
・観点を決めて比較する『じどう車くらべ』(小学一年生)の授業 辻村禎夫
・昔の人々の知恵を学ぶ『すがたをかえる大豆』(小学三年生)の授業 和田美保
・二人の紳士の姿に自分自身の生き方を見る『注文の多い料理店』(小学五年生)の授業 安川勝道
・《認識の方法》で発見のある授業を『きつねの窓』(小学六年生)の授業 種田友彦
連載 ヒロシマ発 平和教育の今(1) 今こそ、ヒロシマについて学ぶとき 佐々木智治
リレー連載《ものの見方・考え方》の関連・系統指導(8)仮説・模式 科学的思考から文芸的認識まで高学年にこそ育てたい《仮説・模式》の見方・考え方 山中吾郎